MENU

国内製造受託について

東北タツミでは国内に工場を所有しており、基板実装から完成品組立まですべて対応しています。

車載パーツでも運転の安全に関わる重要なパーツ「ECU(エンジンコントロールユニット)」を

組み立てる確かな技術と経験があります。

東北タツミは「Astemo Honda Dream | SI Racing」を応援しています!

生産品目

エンジンコントロールユニット(車載)メインボード(遊技機、産業機器)
リチューム電池パック・蓄電池ユニット・電源基板・モータ制御基板
あらゆる製品に取組んでいます

製造受託の流れ

ご注文の流れ

step1
ご商談

打ち合わせまたは生産資料にて見積りを作成致します。

step2
ご注文

見積もりをご確認頂きご注文下さい。生産資材受領後生産開始となります。

step3
SMT実装

0603~BGA/CSP等、幅広い部品種に対応した設備を所有しています。

step4
DIP/組立

自動半田付け、手半田付け、ユニット組立等、確かな技術でお応えいたします。

step5
検査

レーザー/画像検査機にて不良を検出し、高倍率外観検査装置にて不良を流出させません。トレーサビリティも万全です。

step6
出荷

客様の指定日時に確実にお届け致します。

工場紹介

郡山工場

東北タツミ郡山工場は、東北新幹線郡山駅より東北本線で一駅の安積長盛駅徒歩5分の位置にございます。

1988年コピー機ユニット組立工場として操業を始め、1995年にPanasonic製SMTラインを導入し実装業務を開始しました。現在はSMT3ライン(CM602、NPM、BM)にて生産業務に取組んでいます

取り扱い製品は、車載制御機器、遊戯機器、産業機器等の基板実装を主としております。

また、卓上型・DIP槽、2種類の半田付け装置を保有し、各工程に必要な検査機器(SAKI、mek)も多数取り揃えております。

基板実装~後工程~製品検査と基板組立業務のすべてに対応し、顧客要求に合わせた生産に日々取り組んでいます