CIMG5120



今回はフォンジャックの回路構成についてご説明致します。

写真は左からPJ3シリーズ、PJ9シリーズ、PX3シリーズ。

 フォンジャックの回路構成について

1.モノラルとステレオ

モノラルとステレオの2種類に大別されます。

①モノラル
S(スリーブ)とT(チップ) 2種類の端子が構成部品として使われます。

②ステレオ

S(スリーブ)、T(チップ)、R(リング) 3種類の端子が構成部品として使わ
れます。

2.スイッチ機能

スイッチ機能はモノラル、ステレオの各々に持たせることが可能です。

未嵌合状態でON、プラグを嵌合した時にOFFとなる仕様が一般的です。

①PJ3シリーズ

モノラルとモノラル SW付、ステレオとステレオ SW付の4種類の

バリエーションが御座います。

②PJ9シリーズ


モノラル SW付、ステレオ SW付の2種類のバリエーションが御座

います。


モノラルとステレオのSW無しのタイプはPJ3をご使用頂いております。

PX3シリーズ

ステレオタイプのみでS(スリーブ)にSW機能を持たせた製品です。