IMG_2019


今回は、フォンジャックの耐久性について、お伝えしようと思います。

Φ6.5フォンジャックの実力値!

アースバネ、リングバネ、チップバネの接触抵抗 実力値!

弊社で標準としている規格は、5,000回の挿入と抜去を繰り返し行った後、

どのバネも100mΩ以下としております。


しかし実際の実力値は、その倍の10,000回の挿入と抜去を繰り返し行った後でも

初期の状態と変わらない接触抵抗を維持し続けます。


したがいまして、弊社のフォンジャックをご使用頂ければ

接触信頼性の心配はございません。


挿入力と抜去力の実力値!

5,000回の挿入と抜去を繰り返し行った後、

挿入力は40N以下、抜去力は5N以上が弊社で標準としている規格です。


しかしながら、実際はその倍の10,000回の挿入と抜去を繰り返し行った後でも、

初期の状態とほぼ変わらない実力値がございます。


その為、プラグが抜けるなどの心配がございませんので、安心してご使用頂けます。



以上、ご説明させて頂いた接触抵抗と挿入力・抜去力の実力値をまとめた資料を

準備しておりますので、ご参考にして下さい。


Φ6.5フォンジャック 耐久試験結果はこちら