cof

(写真は2017年カスタムオーダーで作ったリードフレームです)

海外との取引実績の豊富さ、技術力の積み上げでどのような要望にもお答えします。

弊社は元々、映像関係の接続ジャック、特にカスタム品を多く手掛けておりました。

その際に積み上げてきた国内海外との組織力、技術力でお客様のどのような要望にもお答えできる自信がございます


私どもは世界中のどの地域のどの工場が安くて品質が良いのかを把握しています。

様々な案件をこなしたからこそ見える「市場感覚」。ウェブで検索しても出てこない情報があります。

これについては、経験からでしか養えないものだと私どもは考えています。


例えば以下のようなことなどが挙げられます。


(1)MOLD金型・プレス金型

江蘇省の昆山製が良い。

①端子類は広東省、东莞製か江蘇省昆山製が良い。

②絞り型は広東省东、莞製か恵州製が良い。


金型は自社提携工場でも製作しますが、製品の特殊性や難易度に応じ、その製品に適した技術力を擁する地域工場を選択して金型作成ができます。


ジャック系での金型製作は、中国では上記に記した地域が特に技術力が高いです。

金型技術者の殆どが鸿海(フォクスコン)から出た技術者で経験豊富で間違いはありません


(2)金属メッキ

江蘇省昆山地域が良い。

広東省の东莞、惠州や上海、(江蘇省、無錫)が技術的には高いのですが、価格に見合った品質からすると江蘇省昆山地域が最良であります。


これはすべて現場で得た情報です。弊社の大きな財産ともいえるでしょう。


リードフレーム・ピンジャックのご要望を、4つの特徴で叶えます。

上記のような市場感覚に加え、弊社が持つ自社工場で培った技術力

これを合わせて、私たちはお客様の要望を以下の4つの点で実現することができます。

特徴1)お客様からの依頼内容希望に応じて、お客様に満足していただける価格、品質、出来栄えをお客様が選択できる。

特徴2)(小LOT、特殊メッキ、特殊加工、や付属品ケーブル、ネジ、ナット、)対応など多角的に対応できる。

特徴3)プレス、成形、組み立て、はタツミ自社工場で加工する(品質管理、環境負荷物質管理)に日本海外の有数セットメーカー様に供給し不具合なしの実力が有る。

特徴4)材料は日本材料、中国材料、台湾材料を取り寄せ使用できる。(材料選択が豊富)

2018年度はこのカスタム事業に、更に力を入れていきます!

最近、日本国内で(リードフレーム、ジャック)を使用したカスタム品ユニットを企画製作するお客様が増えております。


2020年の東京オリンピックまでは日本国内でカスタム品を企画するセットメーカー様も数多く有ると思います


是非一度東北タツミにお問い合わせください。

いつでも、お気軽に連絡ください、お客様のご要望にお応えいたします!