プリンター用のDSUB、お客様からの問い合わせが、急増!

写真は、2010年に開発いたしました(プリンター用角型D-subコネクタ)であります。

昔ながらの良い材料、メッキを使用して、昔ながらの拘りの設計通りに作っております。


6



プリンター用角型D-Subコネクタの弊社の10年間の実績!

生産出荷数量

※2010年~2020年出荷実績3,000,000Pcs)

 

 

お客様からの問い合わせクレームは

※コンタクト接点箇所の変形→①電機検査後の内部検査(拡大鏡)②電機確認治具の時間単位確認

※コンタクト足曲がり→①梱包方法の改善②運送時取り扱い注意発令③端子ゲージ検査後の取り扱い指導規定化

最多発生工程不具合は

※最多発生工程不具合は、アウターシェルのメッキ不具合(メッキ不均一)

 

タツミのφ6.5ジャックは安価、提供の速さ、高品質の理由

特徴1、安価ではありません!

回答、

(1)材料は、金具材、MOLD材、良い材料を機能別1種類化にした(良いものを1種類の単純化)


(2)生産組み立ては、作業者はベテラン揃いです。

※但し、検査項目レベル非常に厳しく厳格であります。

(3)梱包方法と箱、品種単位で(箱寸法の標準化、箱入り数の標準化、トレー入り数の標準化を実施)

※小LOTでも提供できるように小箱の品質も強化してます。


特徴2、製品はすぐ提供できます!

回答

(1)材料の標準化、

※いつでも、材料がある

(2)1人1p作りが可能

※小LOTでも生産可能

(3)集中生産と代休制

※必要に応じて、必要なだけ、必要な時に生産出荷できる

特徴3、品質は非常に良いです!

(1)材料の標準化(基本的には一番良い材料を1種類使用する:お客様の標準的要望にお応えして)

※良い材料と単純化

(2)金型精度が良い(一般公差5/100で金型作成している)

※部品寸法精度が良い、設備金型の保全管理が抜群!

(3)生産組み立ては、ベテランの手組ライン(画像カメラで管理)!

※効率よければ品質良し!

(4)機能検査→自動化電機検査、外観検査→拡大画像機

※治具自動機による漏れない全数検査体制

(5)環境負荷物質検査→毎LOT検査する

※変わらぬ鉄壁の防御体制


プリンター用角型D-Subコネクタを使用しているお客様、これから新規設計を考えているお客様、今回の記事に興味があるお客様、

是非東北タツミへお問い合わせ相談ください。


 東北タツミ㈱03-5577-5831 担当 湯澤でございます。