写真はY/C、Din、D-sub、Horn、などの1980年1990年代に設計されたジャック、コネクタです。

下写真は、1981年から生産販売をしている往年の名コネクタ、名ジャック類の一部です。

img_round_ph_01dinimgimg_14_14_ph_02img_miniature_ph02img_miniature_ph06img_d-sub_ph_05

Y/C         Din        RCA     φ3.5      φ6.5        D-Sub


1990年代に台頭した「台湾メーカー」「中国メーカー」も、撤退と車載に転身した。

1990年代中盤から後半。

中国・広東省や台湾、中国香港のジャック、コネクタ製造メーカーは、低価格を売り物として世界部品倉庫と言われるまで発展しました。


ただ、2008年のリーマンショックで状況が一変します。


必要数量の減少に伴い撤退を余儀なくされたメーカーが増えていきました。


経営を続けたメーカーも、主戦場を車載産業へと移していきます。


現在2020年、2021年の状況は、台湾メーカー様は粗見当たらず、

中国メーカー様も、

浙江省楽清地域に本拠地を置く兼業メーカー(※兼業メーカーとは他に不動産、薬剤製造などを手掛ける企業)が

広東省の工場又は広東省、湖南省、湖北省の外注生産で繋いでいるのが現状です。

2030年までは現状の金型で供給可能。2031年からも更新型を作成できます。

なぜ、東北タツミは、今後も往年の名ジャック、コネクタがお客様に供給可能なのか?

それには8つ理由があります。


1、金型メンテナンス社内規定が厳格である。実績数量単位の確認メンテナンスを実施。

2、部品不具合で金型に関連すると思われる不具合は、即ミガキ、修理修正を実施する。

3、金型パーツ(コアパーツ)は定期的に作り替えを実施。

4、金型の材質等級が非常に良い。

5、プレス、MOLD成形、の技術者が全て30歳代だが経験豊富者。

6、組立て作業員が30歳代~40歳代の15年以上の経験者。

7、資材購買、生産管理、品質管理、生産管理者がこの道15年以上のベテラン揃い(30歳代と40歳代)

8、設計が旧JALCO設計品が主。(金型が日本製)

などなど、お客様にお伝えしたい内容が多々あります!


タツミのジャック、コネクタの特長をお伝えいたします!

1、安い=お客様が得をしたと思われる価格で提供いたします。


(1)各シリーズでMOLD材、金具材を統一している

※ポイントは①金具材の材幅と材質②1ランク上の材料を使用する。

(2)組み立て検査作業者がこの道20年のベテラン揃い、1人1ps作りで自由自在の生産計画が可能、通常作業登      録者が工場人員全員合格という直接工の集まり。

(3)梱包方法の統一化、箱、トレーの標準化。

(4)材料の効率化

①材料廃棄が無い。

②材料がいつも有る。

③いつでも生産可能。

(5)工場、営業所、共々少数で成り立つシステムになっている。

※ポイントは、経費、労務費、が掛からない!

それなんで、安価で提供できるのです。


2、早い=お客様が必要な時に必要なだけ提供いたします。

回答

(1)材料の標準化。

※いつでも、材料が有る。

(2)部品の標準化。

※いつでも、部品が有る。

(2)多能工が1人1p作り。

※小LOTでも生産可能(今日注文して今日でも生産可能)

(3)集中生産と代休制

※必要に応じて、必要なだけ、必要な時に生産出荷できる

※ポイントは自由自在に現地の人達で休日稼働が決定できる。

それなんで、お客様にすぐ提供できるのです。

3、美味しい(品質が良い)=お客様で不具合の話題に上がらないものを提供いたします。

(1)材料の標準化(基本的には一番良い材料を1種類使用する:各お客様の要望にお応えして決定している)

※良い材料と単純化

(2)金型精度が良い(一般公差5/100で金型作成している)

※部品寸法精度が良い、

(3)生産組み立て人員が実戦経験20年、教育訓練毎月1回のベテラン揃いで間違いが無い!

(アナログは最終的には人が全て

効率よければ品質良し!

(4)機能検査→自動化電機検査、外観検査→拡大画像機

※ポイントは、治具自動機による漏れない全数検査体制

(5)環境負荷物質検査→毎LOT検査する

※ポイントは、全LOT検査の鉄壁の防御体制

それなんで、品質が良いのです。


昨今は、小LOTとなった、往年のコネクタ、ジャックを探しているお客様、国内、台湾、中国、メーカー様がEOL提示でお困りなお客様、この記事を見て興味が沸いたお客様、気軽に問い合わせをしてください。


 東北タツミ㈱03-5577-5831 担当 湯澤でございます。