コネクター、実装消耗品販売など、取組んでおりますが、ここで、お客様の疑問にお答えします。


東北タツミは何が本業なの?良く聞かれる事ですので、今更ですが、ご紹介させていただきます。


今から、37年前の、1980年に、当時の松下電器産業様の委託加工会社として設立しました。


1990年代に、基板部品挿入機、基板実装機を導入し、かれこれ、20年以上が経過します。


最初は、パナソニック様向けの製品が主力でしたが、2000年代になり、車載制御、リチューム電池保護回路など、業務を広げてまいりました。日本でのモノ造りは、この20年間で、大きく変化し、大量生産は海外へ、日本での生産は、小ロット多品種になり、工場も、小ロット対応の工程に変化してまいりました。


67D47929-E4D5-4AD2-A5A9-394608ECA96E49140BF7-6972-4074-A94E-C7294095FB797ABAD765-00B7-4295-87C9-6A2DF8875F090BBEADC2-3CF2-4EDB-8F68-BA5049682BEEBE67A54A-2144-48C8-A4B9-CD49A6EF04A1

工場の半分が、段取りのフィーダー置場(作業場)と部品棚で、占領されています。取扱い部品品種は4,000を越えました!東北タツミの実装工場は、福島県郡山市です。
東北地方でも、南に位置しますので、取引先は、関東圏のお客様が増えています。厚木のお客様も多く、圏央道が開通したので、納品便も素早く対応できるようになりました。


今年は、SMTラインを増やそうと準備中です。今年始まったばかりですが、全開で活動中です。基板ASSYなど、お困りの事あれば、何でも相談ください。
今後ともよろしくお願いします。
東北タツミ 郡山工場 一同 より